テトラポットの上

荒井コウスケさんのブログリスペクトです!目標はブルーハーツ全曲解説!

すてごま

まず、タイトル『すてごま』の意味ですが、
「将棋の対局で戦いを有利に進めるために相手にわざと取らせる
コマ」を言います。

この曲はブルーハーツ6枚目のアルバム、『STICK OUT』から。
初期のアルバムが有名なブルーハーツですが、私は
このアルバムが一番好きで、この前限定でLP盤が
再販された時に即買いしたのがこのアルバムでした。
もちろんCDも持っているのですが。
アルバムの初っ端が、この曲になっています。

この歌が発表された1992年に、自衛隊がブラジルに派遣
されています。そしてこの時のライブツアー名が、
PKO TOUR 』。これは、『Punch Knock Out Tour』の
略ということになっていますが、おや!たまたま
国際連合平和維持活動」と同じじゃん!
ということはあり得ないですよね。

こうした背景を知っていれば、一見バカっぽいこの歌の
歌詞も、ヒロトがどんな想いを込めてこの歌詞を書いて
いるかが分かると思います。

ただ歌詞は、おバカな自分勝手ぶりがウイットに富んだ表現
で描かれていて、楽しく聴けます。

何か理由がなければ 正義の味方にゃなれない
誰かの敵討ちをして カッコ良くやりたいから

君 ちょっと行ってくれないか
すてごまになってくれないか
いざこざにまきこまれて
泣いてくれないか

部下に「すてごまになれ」と言う、正義の味方(笑)。

覚えてるはずがないだろ 俺はやってない

覚えてるはずがないのに、やってないと言う(笑)。
政治家の釈明でもありそうな。

そして最後では「泣いてくれないか」が
「死んでくれないか」に変わり、
曲も自分勝手さもクライマックスを迎えます。