テトラポットの上

荒井コウスケさんのブログリスペクトです!目標はブルーハーツ全曲解説!

月の爆撃機

かなり更新をさぼっておりました。
自分の乏しい言葉でTHE BLUE HEARTSの魅力を
表現するのは難しいのですが…いつか誰かに届き、
「へえ、聴いてみようかな」に繋がることを願って。

今日紹介したい『月の爆撃機』は私がブルーハーツ
の中でも一番好きな曲です。もちろん一番なんて
難しいし、選ぶのもナンセンスなのですが、でも
やはり一番好きです。

一言で言うと、「人生の勝負の時」の歌だと思いますし、
また、その時の張りつめた気持ちや孤独を歌っている、
そう思っています。

超名曲でファンの間でも結構人気が高い歌なのですが、
何故かシングルはおろかベスト盤にも収録されて
いませんでした。ようやく2015年に発売された30周年
記念のベスト盤に、万を辞してこの曲が入りました。
『僕の右手』や『歩く花』も入っており、
かなり勧めやすいベスト盤になったと思います。

最初のフレーズ、「ここから一歩も通さない」は、後に
出てくる爆撃機コクピットのことでしょうか。
もちろん、精神的な領域を言っているのかもしれません。
友達も恋人も入れない、という歌詞は、
大切な人にも頼れない、頼ってはいけないという決意
にも聞こえます。

そして何度も出てくる、
「手掛かりになるのは 薄い月あかり」
というフレーズ。
薄暗い、かろうじて見える月の光が頼りという
不安で心細い状況であることが伝わって来ます。

次の一節、興味深いと思いませんか?
場面が変わり、逃げ惑う人々の目線になっています。
主人公の爆撃機は「伝説の爆撃機」と呼ばれていて、
恐れられているようです。
「どんな風に逃げようか すべては幻と笑おうか」
実にヒロトらしい言い回しですが、
ここは自分の勝負、あるいは挑戦により傷付く人が
いる、あるいはいるかもしれない。
それでも勝負を降りる訳にはいかない、
という決意のように解釈しています。

そして場面はコクピットへ。
白い月を背景に飛ぶ爆撃機のシルエットが想像
出来るでしょうか。
そしてまた興味深いのは、
「僕は今コクピットの中にいて」
が、次には
「錆びついたコクピットの中にいる」
とわざわざ言い直されていることです。
伝説の爆撃機と言われたこの爆撃機も、
決して無敵で安心出来る乗り物ではないことが
読み取れます。

そして「いつでもまっすぐ歩けるか」の
最後の一節。ここも暗がりで一歩間違えると
大変なことになるかもしれない緊張感が
伝わって来ます。そしてそのような状況でも
最終的には頼れるのは己のみ、という
この歌のテーマが繰り返されているようです。
真島さんのギターも超かっこいいです。
是非聴いてみて下さい。