テトラポットの上

荒井コウスケさんのブログリスペクトです!目標はブルーハーツ全曲解説!

ラブレター

ブルーハーツの数少ないどストレートなラブソング。
3枚目のアルバム収録曲で、かつ7枚目のシングル曲です。

本当ならば今頃 僕のベッドには
あなたが あなたが あなたが いてほしい

今度生まれた時には 約束しよう
誰にも邪魔させない 二人のことを

この文章から私はこの恋は叶わなかった恋だと思って
います。可能性のある恋であれば、「今度生まれた時」
の話などしないと思うからです。

読んでもらえるだろうか 手紙を書こう
あなたに あなたに あなたにラブレター

先程の解釈でこの部分を聴くと、
果たしてこのラブレターは届くと思って書いている
のだろうか、という疑問が沸きます。
もしかしたら読んで貰えないことを承知で
手紙を書こうと言っている、あるいは書いている
そんな気がしてしまいます。

ザ・クロマニヨンズの『鉄カブト』という曲を
連想します。この歌は

届かない 手紙を書く

という強烈な出だしで始まります。
手紙というものは普通読まれる前提で書くものですが
届かないと思いながら書く手紙ほど哀しいものは
ないと思います。

届かない前提でラブレターを書いていると考えると、>>

新しいステレオを 注文したよ
僕のところへ 遊びにおいで

この部分のせつなさがぐっと増しませんか?
今度生まれた時の愛を語った人が、
「ステレオ買ったからおいでよ」
なんて手紙を本当に書くとは思えませんね。

最後はストレート過ぎてとてもコメント出来ません。

ああ ラブレター 百分の一でも 信じて欲しい

他の誰にも言えない 本当のこと
あなたよ あなたよ 幸せになれ
あなたよ あなたよ 幸せになれ