テトラポットの上

荒井コウスケさんのブログリスペクトです!目標はブルーハーツ全曲解説!

電光石火

電光石火もまた、ブルーハーツの名曲中の名曲だと
思っています。『ラブレター』のカップリングで、
このシングルは個人的にめちゃめちゃお勧めです。

www.youtube.com

電光石火の超特急が
流れ星と並んで走るという

出だしの超特急は、個人的には「ロックンロール」
のことだと思っています。ハイロウズの『十四才』
やクロマニヨンズの『弾丸ロック』ではロックが
弾丸に譬えられていますが、ここでは超特急なの
ではないかと。

何かにつまづいている人
何かを心配している人の
心の中のプラットホームに
流線形の輝くボディ

ヒロトの大好きな流線型が出て来ました(笑)。
この辺が彼らの優しさで、弱い人にこそ、
ロックをプレゼントしたい、聴いて元気に
なって欲しい、という気持ちではないかと
思います。ちなみに弾丸ロックは真島さん作
ですが

泣いているのか 撃つぞ
当たれば イチコロだ

という歌詞も、表現は分かりにくいですが
同じ気持ちを歌っていると私は解釈しています。

次の歌詞が、私は大好きです。

淋しい夜が何度続いても
せつない朝を何度迎えても
出かけよう さあ出かけよう

すごくないですか?
淋しい夜やせつない朝を
「何度迎えても」
ですよ!
とても元気を貰える歌詞だと思います。

電光石火 電光石火
お日様をむかえに行こう

この歌詞は、ハイロウズの『日曜日よりの使者』の

そして東から 昇って来るものを
むかえに行くんだろ
日曜日よりの使者

を連想します。明日を待たずに迎えに行こうぜ!
という、これまた前向きで好きなところです。

また、荒井さんも絶賛している

歴史の本の最後のページ
白紙のままで 誰にも読めないよ
出かけよう さあ出かけよう

おっしゃる通り、彼ららしい素晴らしい表現です。
歴史の最後のページは、「今」。
それを描くのは俺たちだぜ、というような。
無限の可能性を感じワクワクする表現ですね。