読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テトラポットの上

荒井コウスケさんのブログリスペクトです!目標はブルーハーツ全曲解説!

情熱の薔薇

こんにちは、虎太郎です。
本日はブルーハーツの代表曲のひとつ、「情熱の薔薇」
です。ブルーハーツ9枚目のシングル、唯一のオリコン
シングルチャート1位。作詞・作曲はヒロト。

www.youtube.com

永遠なのか 本当か時の流れは続くのか

出だしから疾走感あふれる、サビのようなメロディ。
この曲は一部を除き、七五調で作られている。

いつまで経っても変わらない
そんなものあるだろうか

いつまでも変わらないものはあるか?
この問いはそれぞれに投げかけられているもので
答えは人によって違って良いと思います。
文字通り永遠は無理でも、一生変わらないもの
ならあると思います。夢とか希望とか
誰かを、何かを大切に想う気持ちとか。

ただ、ヒロトは何を思ってこの詩を書いたのか
と考えると、少し違う答えもあるのではないか
と思います。

ダイヤモンドの行商人がやってきて、
このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって
言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、
永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ。
俺らが欲しいのは今だけです。

こちらのヒロトの言葉、
『俺らが欲しいのは今だけです』
このヒロトの言葉が、彼の「永遠に変わらないもの
はあるのか?」に対する答えなのではないかと思います。
そして私はまさにこれが、この『情熱の薔薇』の
テーマかと。永遠や確実なものがないからこそ、
最高な『今』を生きよう。最高に『今』を楽しもう。
『今』ここで情熱の薔薇を咲かせよう。


荒井さんもブログの中で、クロマニヨンズの
『スピードとナイフ』、ハイロウズの『不死身の花』
のヒロトの歌詞を取り上げて、ヒロトの『永遠』観
について考察されています。皆さんはどう感じる
でしょうか。

blueheartsallsongs.seesaa.net

見てきたものや きいたこと
今まで覚えた全部
デタラメだったら面白い
そんな気持ちわかるでしょう

この曲はTBS系ドラマ、『はいすくーる落書2』の
主題歌だった。「わかるでしょう」なんて口調から
もしかしたらヒロトは高校生たちに

「みんなが歴史とか数学とか毎日勉強しているでしょ。
これが正しい、これが常識とか習うでしょ。
ある日実は全部デタラメでした、って言われたらさ、
面白いと思わない?」

そんな気持ちで問い掛けているのかもしれない。
出だしの延長で、「永遠に正しい、確実なもの
なんてあるのかな」と言いたいのかもしれません。

なるべく小さな幸せと
なるべく小さな不幸せ
なるべくいっぱい集めよう
そんな気持ちわからるでしょう

「幸せ」は大きい方がいい。
「不幸せ」は、ない方がいい。
でも、本当にそうなのでしょうか?

それって楽しいのかな?
それって本当に「幸せ」なのかな?
いっぱい泣いて、いっぱい笑って。
そんな気持ち、わかるでしょう?

答えはきっと奥のほう
心のずっと奥のほう
涙はそこからやってくる
心のずっと奥のほう

「答え」ってなんでしょう?最初に出て来た
「いつまで経っても変わらないものがあるのか?」
その問いに対しての各々の答えでしょうか?
そういう解釈も悪くないと思うのですが

私はどちらかと言うと、みんなが胸に咲かせる
『「情熱の真っ赤な薔薇」について』の方が重要
なんじゃないかと思っています。
薔薇は「何」で、「いつ」「どうやって」
咲くのか、あるいは咲かないのか?

花瓶に水をあげるってことは、花を咲かせるために
待つのではなく、さぁ、アクションを起こそうぜ!と
言っているのではないでしょうか?

f:id:baumkuchen2017:20170414083457j:plain

来週は、今のところ『チェインギャング』を予定しています!

青空

皆さん、こんにちは!虎太郎です。

本日からTHE BLUE HEARTS(以後ブルーハーツ)の
曲の解説を始めさせて頂きます!記念すべき最初の
曲は、3rdアルバム『TRAIN TRAIN』から名曲、
『青空』を選びました。

ちなみにWikipediaによりますとこの「青空」
の正式な読み方は「あおいそら」なんだそう。
あまり拡まらなかったようですが。

↓このカッコよさ!本当は解説なぞ不要
なんでしょうけれど!!

www.youtube.com


荒井さんのブログの『青空』の解説もお勧めです!
なんと動画もあります!荒井さんの人柄が出ていて
個人的にとても好きな動画です!必見!

blueheartsallsongs.seesaa.net


今回『青空』のことを調べていたら、2015年5月に
亡くなった今井雅之さんが、出棺の際にこの『青空』
をかけてくれ、と頼んでいたという記事を見付け
ました。この記事によると御自身の舞台でも、この
『青空』を使っておられたとか。

summary-news.com

ブラウン管の向う側
カッコつけた騎兵隊が
インディアンを撃ち倒した

曲は、騎兵隊がインディアンを撃ち倒す場面から始まり
ます。白人によるアメリカ征服、いわゆる『インディアン
戦争』の頃でしょうか?

これがテレビに映っているので、もちろん現実の話ではなく
映画か何かでしょうか。主人公の「僕」もなんだか冷静な
反応をしていますが、実際にこれに近い人と人の殺し合い
があったことを忘れてはいけないと思います。

神様にワイロを贈り
天国へのパスポートをねだるなんて
本気なのか?

もちろん、献金は賄賂ではありませんが、
ここでは私利私欲のために神様まで利用してしまう
人たちの偽善を指摘しているように思いました。

生まれたところや 皮膚や目の色で
いったいこの僕の
何が分かるというのだろう

ここは、『差別』のことを歌っていると思います。
そしてここに続く歌詞、「僕」が乗ろうとしている
バスは、「アラバマ州の学校の送迎バス差別事件」
をイメージしているのではないか、という意見も
見付けました。この説は今回初めて知りました。
同ブログでは、この『青空』が小学校の教科書に
載っていた、という事も書いてあり、これも興味
深かったです。

nobuya-w.cocolog-nifty.com

こんなはずじゃなかっただろ?
歴史が僕を問いつめる

ここは、これまでに出て来た「戦争」「偽善」
「差別」といった、人間の汚い歴史を言っている
のでしょう。「(人間の歴史は)こんなはず
じゃない」と問うのが、「僕」がではなくて、
「歴史」が「僕」に問いつめているという書き方も
さすが真島さん、とても印象的です。

そしてラスト。私はこの一行がとても、とても好きです。

まぶしいほど 青い空の真下で

汚い人間の歴史とは対照的に、青空はなんて美しく
私達の前に広がっているのでしょう!
こんな青空があるから、私達は暗い歴史の中でも
希望を持って生きていけるのかもしれない、
そんな気持ちになります。

最後にこの曲の「ぼく」は誰なのでしょう。
人種差別を受けている子供だと思うと
歌詞の重さが少し変わって来ますね。

f:id:baumkuchen2017:20170409203313j:plain

来週は、今のところ『情熱の薔薇』を予定しています!

御挨拶

f:id:baumkuchen2017:20170409152543j:plain

皆さん、こんにちは!虎太郎です。\(^o^)/
せっかくはてなをproにしたので、何かもう一つ
ブログを…と考えたところ、すぐに浮かんだのが
大好きなTHE BLUE HEARTSの歌詞について語る
ブログでした。実はTHE BLUE HEARTSの
歌詞を解説した素晴らしいブログが既に
存在しております!

blueheartsallsongs.seesaa.net

恐らくこの、荒井さんのブログにたくさん助けて頂く
ことになると思います。

開設に当たり突然の御報告だったにも関わらず、
荒井さんはブログの紹介や引用を快く了承して
下さいました。
本当に感謝ですm(_ _)m

実は私はBLUE HEARTSが現役の頃高校~大学生
でした。当時もベストを買ったりカラオケで
歌ったりはしていましたが、本当の意味での
ファン歴はここ最近、たかだか数年で、
30年前から好き!という方からすれば完全に
「にわか」です。知らないこともたくさんあります。
ブログで曲をひとつひとつ丁寧に研究し、より深く
知る切っ掛けになれば、とも思っています。
ちなみにTHE ↑HIGH LOWS↓、ザ・クロマニヨンズも
負けないくらい好きです。ですので話題には出る
かもしれませんが、曲の解説はBLUE HEARTSだけ
にします。

THE BLUE HEARTSは「リンダ・リンダ」くらいしか
知らないという方、このブログで少しで聴こうかな、
と思ってもらえたら望外の喜びです!そして既に
大好きな方、是非お気軽に話しかけて下さい。

最後にブログの更新ですが、これも荒井さんの
ブログを習い、基本的には週に一回、月曜日の
朝にアップして行こうと思います。
ただ、それ以外の雑記を所々でアップします!

第一回は明日4/10、朝7:00に『青空』を語らせて頂きます!


それでは、よろしくお願いします!(๑˃̵ᴗ˂̵)